リハビリ専門学校のイロハ

何を勉強するの?

リハビリ専門学校ではどのようなことを勉強して行くのでしょうか。リハビリ専門学校で、作業療法士の仕事、理学療法士の仕事について勉強をして行きます。作業療法士の仕事とは、障害と折り合いをつけながら、活き活きとした生活を送れることができるように、お仕事や遊びなど日常生活の中での活動をとおして、こころとからだを元気にしてくれるリハビリテーションを行う国家資格なのです。食べることや、寝ること、楽しむことなど、何気ない動作を一つ一つとってみても、こころとからだの複雑な動きがあり、それを専門家的視野で察知して行きます。

理学療法士の仕事は、座る、立つ、歩く、などと言った基礎的な動作能力の回復を中心にして、治療体操などの運動、そして更には温熱や電気などの物理的な手段を加えて、日常生活活動への復帰を支援するお仕事です。リハビリ専門学校には、4年制リハビリ専門学校と、3年制があります。

理学療法士・作業療法士の国家資格取得を目指すという点では同じ目的をもっていますが、針や学費・合格率などは学校によってそれぞれ違いますので、慎重に情報収集したいものです。3年制リハビリ専門学校の特徴は、卒業次に得られる称号は「専門士」で、4年制リハビリ専門学校では、「高度専門士」大学卒(学位)が、得られる称号です。